フリーランスのホームページ制作受託案件は徹底的にお客さんを見極めないと炎上します

どうも山崎レモンサワーです。

今日は、Web制作業のフリーランスとしてすでに活躍中、もしくは今サラリーマンで今後フリーランスとして独立予定にいるかたを対象に、お客さんを見極めないと死ぬという話をしたいと思います。

フリーランスのWeb制作での仕事のとりかた

フリーランスとして独立する前は、どうやって仕事を獲得するのかわかりませんし、いざふたを開けて仕事がまったくなかったらどうしようと二の足を踏む人も多いです。

Web制作スキルが平均以上で、お客さんと打ち合わせをすることができる地域で拠点を構えると結構仕事はあります。

最近ではリモートワークがあたりまえで、クラウドソースみたいなものを利用すればどこでも仕事になるということがしきりに言われていますが、正直まだまだです。

まずクラウドソースをつかって仕事を獲得すると、あまりに請け手側が弱いので、死にます。

むこうはあまりに安い金額で募集をかけますが、仕事にありつけない人たち一定数いるので、別に媚びません。
仕事を発注する側のほうが強いのはあたりまえです。

いまどきリモートワークは当然で打ち合わせもSkypeですまそうよと思いますが、クライアントは必ずしも先進的ではありません。
顔と顔を合わせての打ち合わせを大事にしていたりします。

まだ「立地」というものがアドバンデージになります。
ということで、Web制作のスキルがあり、首都圏で看板をかかげれば仕事にはありつけます。

看板も別に本当に看板をたてるわけではなく、ポートフォリオサイトを立ち上げれば、問い合わせが入ります。
首都圏でポートフォリオサイトを立ち上げ、問い合わせが入らないようであれば、Web制作フリーランスとしてはまだスキル不足なのでしょう。
まずは集客できるサイトを作れるというスキルを磨いたほうがいいでしょう。

仕事(お客さん)を見極めないと死にます

さて、ようやくWeb制作の問い合わせが入るようになると、月に数回お打ち合わせをすることになります。

そうすると作りたいサイトの要件を聞いて、お見積りを出します。

その後、問題なければ発注・受注→制作→納品となります・・・

いや、ちょっと待ってください。

実はこんなすんなりいかないケースが多々あるのです。

クライアントの中にはWeb制作、IT成果物の開発に関してまったく理解がない方がいます。
HTMLやWebのテクノロジーのことではありません。
成果物を制作する工程についての想像力と一緒に協力して成果物を作り上げるうえで不可欠な一般常識についてです。

これは多少は仕方のないことですが、たまにめちゃくちゃな無茶を言ってくる人がいます。
たとえば瑕疵担保という概念がありますが、上記をわかっていない人は制作後数年もたっているのに、無償で修正してくれると思っている人もいます。

このあたりは依頼を請ける時に、すべて条件を明文化して契約書としてまとめておけばいいじゃんという意見もありますが、案件の規模もありますが、すべて契約書を交わしていくのはあまり現実的ではありません。

また、契約書を交わしていれば、万事問題ないというとそんなことはありません。
過去、契約書を交わしたお客さんに限って、いちゃもん・いいがかりをつけられたことがあります。

一回の炎上で心身は摩耗し、ひどければ精神的にダメージをうけ、廃業に追い込まれることすらあります。

Web制作業を長く続けるためには、多くのお客さんを獲得することではなく、お客さんを見極めて地雷をつかまないということです。

受託案件の新規依頼があったとき、実際にはどうすればいいの?

自分が実際に行っている方法を教えます。

自分は、まずは信頼に足るお客さんかどうかがわかるまで話し合いをつづけます。

いきなり「見積り」を出すと、相手がOKというと、もう仕事に「なって」しまいます。

まずは見積もりを出す前に、仕事をお受けできるかどうかはお話をじっくり伺ったうえで、判断いたしますと最初に伝えます。

つまり「金額」じゃないんです、要件に対してスキルが間に合うかじゃないんです・・・一緒に協力して仕事をするに足る「誠実」な人かどうかを見極めるんです。

独立したてで経験がないと、仕事の引き合いがあっただけで、安請け合いしてしまいます。

自分の感覚だと、お客さんの人格を見極めたうえで請けた仕事でないと、10件中3件くらいは地雷です。
めちゃくちゃ多いです。

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

モンスタークライアントに要注意!フリーランスが出くわす厄介なお客たち モンスタークライアントに要注意!フリーランスでWeb制作案件を受託するうえで、依頼を断るべきモンスタークライアントの特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です