歳をとっても大丈夫?フリーランスとして定年年齢60歳までのロードマップを考えてみる

どうも山崎レモンサワー@kanazawasodachi)です。

人生100年時代到来と言われ、高齢になっても稼ぐ必要性が年々高まっています。

今日は会社からの保護のあるサラリーマンではない、われわれフリーランスがサラリーマンの定年年齢である60歳、もしくはそれ以上の年齢まで稼いでいくためには、というテーマで話をしてみたいと思います。

そもそもフリーランスで歳をとっても食べていけるのか?

答えはもちろん「YES」です。

人によっては、いずれは法人化して人を雇って、経営に集中することで、衰えた人的資本をカバーしようとする戦略の人も多いと思います。

自分は、死ぬまでフリーランスとしていきます。

自分は経営者でもありますが、ひとりの「職人」でもあります。
なにか物を作り続けていたい、現場にいたいと思います。

もちろん、打ち合わせに60歳のWebデザイナーが来たら、おいおい、このじいちゃんで大丈夫か?となるのも致し方ないところです。

年齢によって商材・サービスは柔軟に変えていくつもりです。

歳をとったら思い切って家を売り払って、生活固定費が抜群に安い田舎に本拠地を移すのもアリだなと思います。

通販の発展してる今だったら不便も感じないだろうし、以外に田舎には隠れた稼げる宝がゴンゴン眠ってます。
ネットを駆使して長者になっているお年寄りが多いのは、断然田舎です。

冒頭で会社からの保護のあるサラリーマンは安泰的な表現をしましたが、このご時世サラリーマンの方が不安定だと、真剣に考えています。
もう終身雇用制はとっくに崩壊しています。
会社に組織して仕事をしていると、その会社でしか使いようのない、技術・スキルが向上しない仕事が多いので、社会にほっぽり出されたときに何もできません。
条件の悪い、求人にすがるしか術はありません。

逆にフリーランスは自分の知恵と才覚・努力で、何もないところから仕事をおこしてお金に変換する孤高の存在です。

グローバル化の波に押されて大企業でさえ、先の見えないこの時代に、サラリーマンの方がフリーランスより安定してるなどというイメージはもう古いです。

法人化・組織化はした方がいいのか?

これも、極論人それぞれですが、自分は歳をとって実務がしんどくなっていくから、人を雇って楽をしたいと考えているのだとしたら、やめておいた方がいいと思います。

人を雇う事で増える苦労も半端じゃなく増えます。

大きいビジネスをしたいという、立派な志があるなら、そのときはやるべきだと思います。

フリーランスはサラリーマンより稼げてなくてはお話にならない

自分がフリーランスになって思ったのは、フリーランスって意外に稼げるなという事。

これは実はあたりまえで、会社員時代は自分がいくら働こうが、会社組織が給与を一律に制限して、内部留保するようにできているからです。

かりにフリーランスになって月に100万円の仕事をすれば、すべて自分のところに入ってくるのに対し、サラリーマン時代は1,000万円の仕事をしたとしても、会社の看板を利用して稼いだのだからと、30万円程度になって支給されます。
逆にフリーランスは仕事にありつけなかったらゼロで、会社員は固定給が支給されますが・・・

フリーランスとして万全の準備をし、これまで培ったスキルが一定水準のものなら、フリーランスはサラリーマン以上稼ぐのは当たり前です。

理想は40代で3千万円ほど、貯蓄をストックして余裕をもって50代、60代に突入するのが目安になるかと思います。

実は稼ぐよりも損をしない事が大事

家族も歳をとっていく、子供の養育費・学費・・・・老後の不安、いやぁしんどい世の中です。

そのため、少しでも賢く儲けたいという事で投資に走る人がいますが・・・

これ、要注意です。

FXや仮想通貨などの投機に手を出して何百万も損を出している人を山ほど見てきました。(自分も含めて)

個別銘柄の株式や投資信託も、まぁぶっちゃけ投機色は濃いです。

投資をするなら絶対的に自分のサービス・商品、そして自己投資、これにつきます。

どうしても金融商品への投資をしたいなら、世界インデックスを積み立て方式で持ち続けるという選択がいいと思います。

これなら、資本主義が続く限りは、拡大をつづけていくのを、ノーベル経済学賞のどっかのおっさんが証明しています。

お金の心配ももちろんだけど、今のうちから健康に気をつけよう

うーん、わかっちゃいるけどやめられない。

若いうちは健康というものがかけがえのないものだという事を、なかなか認識できません。

歳をとってから食生活を見直したり、運動したり、改善するよりは、若いうちからの節制が極めて重要です。

特におススメはフィットネスジムと契約して筋トレしましょう。

お酒は控えましょう

タバコは論外です

栄養オタクになって食生活を見直しましょう。特にビタミンE、ビタミンB、そして過剰な糖質の制限、サプリをうまく駆使して健康体を維持しましょう。

先の為ではなく今を幸せに

老後の不安はもちろんですが、今の幸せを犠牲にしすぎるのも、のちのち人生何のために生きてるのかという後悔に見舞われます。

ようはバランスだと思います。

時間とお金、仕事・投資・貯蓄、娯楽に自己実現

あなたの幸せを設計しなおしてください。

この日々の活動を自由に設計できるのがフリーランスの最大のメリットです。

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

フリーランスの定年は何歳?何歳までにいくら貯蓄しておく?フリーランスの年齢事情 【保存版】フリーランスはどうやって仕事を獲得するか、フリーランス歴10年のベテランがお答えします フリーランスを廃業するか長く続くかの分かれ目、ベテランフリーランスが教えるおススメルーチン・習慣、大公開! フリーランスになっただけでは幸せは手に入らない・・・幸福度高く仕事するための方策・指針

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です