フリーランスと株式会社への法人化するのは結局どっちがいいの?

どうも山崎レモンサワー@kanazawasodachi)です。

今日はかなり多く寄せられる究極の質問(大げさか)、フリーランスと法人化は結局どっちがいいの?
という質問に自分なりに答えていこうと思います。

節税効果から考える必要はない

よく800万円以上稼いでいるなら法人化したほうがいいとか聞きますが、厳密にはそうなんですが、そのあたりの金額を超えるか超えないかだったら、ぶっちゃけどちらでもいいです。
むしろ手間を考えたら法人化しないほうがいいです。

もうそれこそ、利益が数千万円、億を超えたら、さすがに法人化しないとですが、個人が受託でもらえる金額であれば多くて1千万くらいでしょう。

あとは、交際費計上時の条件もフリーランスと法人では異なってきます。
法人では上限が800万だったり・・・まぁ1千万の売り上げで交際費が800万って、さすがに不自然でしょう。

個人にしても法人にしても、きちんと仕事上での交際で交際費を使い計上するなら、フリーランスでも法人でもどちらでも支障が生じることはないです。

信用度で考えてみる

よく世間体とかを気にする旧態依然とした古くて頭のかたい企業なんかは、法人化してないフリーランスとは取引しないなんて企業もあります。

たしかに大きな金額の取引をする場合、自分も相手が信用に足る相手なのか、事前に調べることがあります。
正直法人化してれば信用できるかって言うと全然そんなこともないですが・・・たんなる個人よりは安心かなというのはあります。

もしビッグビジネスや、大きな金額での取引を積極的におこなっていきたいというのであれば、間違いなく法人化はしておいた方がいいです。

手間と年間にかかる費用で考えてみる

まぁぶっちゃけフリーランスは、手間はかかりません。
お金もほとんどかかりません。

法人化すると、どうしても税理士や司法書士など外部の人に委託する作業がどうしても増えてきます。
当然、その費用と手間が増えます。

この手間と費用を法人化する事のメリットが上回れば、法人化したほうがいいと言えるでしょう。

リスクから考える

ほとんど周りが語っていない、自分が考える法人化の最大のメリットは、責任の分離です。

個人格と法人格で責任を分離できるのです。

つまり法人化して法人として活動し、万が一、大きな損失を被ったとしても、取るべき責任の上限は法人の出資金額が上限になり、社長個人の財産は別のため、そちらに責任が及ぶことはありません。

まぁ個人会社の社長だと借り入れをするときに社長個人も連帯責任の保証人にならないと借り入れられないなどはよく聞きますが、そういった借り入れ時の保証人にならなければ、責任は別々になります。

これは積極的にビジネスを行う上では、大きなメリットだと思います。

自由度から考える

ぶっちゃけ、法人化すると自由度は減ります。

自分個人への報酬も事前に決める必要があり、稼いだら稼いだ分、その月々で自由に使っていいというフリーランスとは異なります。

つまりは法人に入ってくる収入と、自分個人の財産を切り離すからです。

また法人化すると、税務署からのチェックも少しきつくなるかなというのが印象です。

何年かに一度は税務調査のようなもの経験せざるをえないかなと。

売り上げ●●●万以上になったら?タイミングで考えてみる

自分が法人化するきっかけとして設定しているのは、売り上げが1千万を超え、2年後に消費税を払わなくていけなくなるタイミングで法人化しようと考えています。
法人化するとさらに2年消費税の納税が免除されるからです。

まぁ1千万の売り上げは、受託制作を行っている現在では、なかなか超えることはないので、自分が法人化することは、まだなさそうです。

人を雇うか雇わないかで考えてみる

これは人を雇う場合は、どうしても法人化する必要があるというか、法人化しておく方がメリットがあります。

人を雇うか雇わないかで法人化するかしないかを判断するのもいいでしょう。

まぁなんにせよ、法人化するのは最初にめちゃくちゃ手間がかかるものですが、手間がかかるから面倒くさいかどうかではなく、自分が生涯をかけてどのような仕事をしていくか、一度真剣に考えて、生涯を設計するつもりで本格的に検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

フリーランスが10年生き残れる確率は10%・・・祝!フリーランスとして独立して10年、今後も生き残っていくためのフリーランス生存戦略 フリーランスは投資が大事!!フリーランスとして考える投資戦略(設備投資・商品開発・自己投資) フリーランスを廃業するか長く続くかの分かれ目、ベテランフリーランスが教えるおススメルーチン・習慣、大公開! 歳をとっても大丈夫?フリーランスとして定年年齢60歳までのロードマップを考えてみる フリーランスは社会の信用がゼロ!?フリーランスになる前にこれだけはしておこう フリーランスは経営者、自己投資、設備投資にお金を回さなければすぐ廃業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です