SNSで「いいね」やフォロワーが増えなくてもYoutubeでチャンネル登録数が増えなくても全然気にしなくていい!?勝者総取りのインターネット社会で大多数の弱者はどのように戦略を立てていくか

どうも山崎レモンサワー@kanazawasodachi)です。

最近は自己啓発系の本や動画を見る機会が多いですが、猫も杓子もSNSやYoutubeを活用したマーケティング・マネタイズが氾濫してます。

自分も少し前からSNSで積極的に情報発信をしてビジネスに結び付けようとしたり、自己啓発系のYoutube番組をかたっぱしから観たり、Youtube動画でのマネタイズを模索したりしているんですが、最近気づきました。

・・・・自分には向いてねぇ・・・

SNSで影響力を持つ、インフルエンサーや著名なYoutuberになるには明確な条件があります。

そしてこれは、努力よりは生まれ持っての適正と環境と、技の蓄積に費やしてきた情熱と時間この条件を満たした特異な人のみです。

例えば、幼少期から楽器の英才教育を受け、(これだけだと星の数ほど人がいるだけなのでダメ)画的(ビジュアル面)で圧倒的に華があり、べしゃりが達者で、アウトプットが苦にならない圧倒的なパワーとモチベーションをもったアーティスト

例えば、笑いの才能にたけ、人が思いつかないアイディアが湯水のようにわいてきて、それを1日一本以上の動画撮影と編集という、手間暇をかけるのが苦にならない、コンテンツモンスター

例えば、1000年に一度の美少女と呼ばれるくらい若さと美貌を兼ね備え、周囲のプロモーションのプロたちの協力のもとにパフォーマンスを行える幸運な少女

例えば、東大を中退して起業し、上場した超絶経営者でありながら、天才的な頭脳と、甘いルックス、そして世の中の理を達観しつくした切れ味鋭いトークでオモシロいYoutube番組を定期的に世にリリースする天から2物も3物も与えられたようなスーパーマン

とまぁ、上のような信じられない人は1万人に1人くらいの超優秀な人物でしょうが、全国・世界のスーパーマンたちがおんなじ土俵でしのぎを削るインターネットの世界では、この手のスーパーマンはごろごろ存在しています。

フリーランスや副業のティップス・ノウハウ系の本や記事を見ると、SNS、Youtubeを活用すべしと、ベタな事が書いてありますが、一般人がどのようなテクニックを用いてもに上記のような特殊能力を持つスーパーマンのようなフォロワー数やチャンネル登録数が獲得できることはありません。
それにへこんで、フリーランスや副業自体やめてしまったり、ないしは自己肯定感が根こそぎなくなってしまう人も多いです。

まず上記のようなスーパーマンたりえないのは、あなたが今まで怠慢で怠けていたからではありません。

そういう星のもとに生まれなかっただけです。

生まれた時にカードがシャッフルされるわけですが、配られたカードがスーパースターというレアカードが含まれていなかっただけです。

さて、この世の中はこれら一握りのスーパースターしか生き残れないわけではありません。

確かにインターネット社会は、勝者総取りの仕組みが強烈に作用いたします。

才能あふれる人は、マネタイズが無限に存在している今の世の中の波に乗り、お金も名誉も思いのままというわけです。

さて、自分を含め、上記のようなスーパーマンになれなかった一般人向けに、だったらどのような戦略が有効化を考察してみたいと思います。

勝者総取りのインターネット社会で大多数の弱者はどのように戦略を立てていけばよいかを考察したいと思います。

1.まずは自分の手持ちのカード(適性)を徹底的に分析しよう

人はそれぞれ、何かしらの長所を持っています・・・・と気休め的な言葉をよく聞く事がありますが、正直、なんの才能も感じないハードモードな人もいるにはいます。

それでも、生まれた時に配られた手持ちのカード(遺伝子・幼少期の環境など)はシャッフルできません。

あなたのカードがいかに貧弱であっても手持ちのカードで勝負するしかないんです。

ひとまず、数あるカードをイチから見直し、有効に活用できるカードが無いか徹底的に分析します。

ここでいう「カード」とは、ざっと「自分の適性・特技・好きな事」みたいなことです。
同時に自分が「苦手な事・やりたくない事」なども同時に洗い出しておきましょう。

ちなみに自分はマインドマップなどを使ってがっつり一日かけ、めちゃめちゃ詳細に洗い出しをおこいました。

たとえば、

・年齢が40なので若さを売りにした事はしない(できない)
・ビジュアル面で勝負する事もしない(できない)
・Webの知識が豊富・・・デザイン面よりプログラム面が得意
・人に誇れる特殊技能はないが、なんでもそつなくこなす器用貧乏
・東京都中野区という都市圏に事務所を構えている
・超多趣味、音楽・筋トレ・離島旅行・読書・勉強大好き
・行動経済学・脳科学・心理学に詳しい
・いろんなことに臆さず挑戦できるが飽きっぽい(浅く広く)
・人とのコミュニケーション能力は高いが、自分が苦手な人と合わすのは無理
・短期的な集中力は高いが、すぐに疲れて一日長時間の労働は無理

たったこれだけでも、自分だったらビジネスでどのようなサービス・商品を打ち出していこうという作戦が立てられると思います。

2.インターネットの活用に固執しない

今の自分はWeb系の仕事をしてるので、インターネットはかなり活用している方ですが、インターネットの仕組みはやはり勝者総取り。

とりあえずホームページをたちあげてみた・・・・とりあえずSNSのアカウントだけ作ってみた・・・・
こんな感じだと何のリアクションも得られないどころかアクセス数もほぼゼロです。

自分だったらあえてインターネット・SNS・Youtubeを活用しなくても仕事の獲得に結び付くアイディアを考えつくすと思います。

ちなみに自分はWebの制作を行っていますが、新規の案件の獲得は口コミや知り合いがほとんどです。

知り合いから案件を獲得するには、日ごろから人付き合いを大事にしたり、自分がどのような仕事をしているか周知を徹底したり、こうした日ごろからの心構えだけで、入っている仕事はだいぶ違います。

路面に出店する小売店などもあまりネットの影響などはうけないでしょう。

もう、農業・漁業などネットを活用せずとも(活用した方がいいけど)仕事になる働き方でも別に全然いいんじゃないかなとも思います。

巷にあふれるノウハウをそのまま実施する自分でオリジナリティのある、ビジネスモデルを創造できるかできないか、このあたりが成否の分かれ目になります。

3.圧倒的に固定費の少ない超スモール生活基盤を整備する

精神的な余裕が仕事にいい影響をおよぼすのは間違いありません。

生活に余裕があるから儲かり、儲かるからさらに生活が楽になるという正のスパイラルの第一歩、それは固定費を極限まで圧縮するという事です。

稼ぐのも節約するのも、自分は同義だと思っていて、時間や労力を割かなくてよい分、固定費圧縮というのは、ビジネスをはじめる前のステップとして、不可避で実施すべきことです。

ちなみに、ケチってはいけないお金というのもあります。それは自己投資です。
自己投資せず自分のスキルや教養がアップデートしていかないと、じり貧、搾取される人間の出来上がりになってつみます。

それでは、下記に徹底的に圧縮すべき、切り詰めるべき事項をあげていきます。

住居・事務所の家賃

不動産の賃貸で使用するお金が固定費のもっとも大きなウェイトを占めるので、ここをどう圧縮するかであなたの生き方・働き方、人生そのものが決定される要因と言っても過言ではありません。

超絶ホワイト企業に勤めていて、65歳くらいまで安泰なのが確定で、生涯にわたって不労所得を見込める試算もあるという人は、家賃の高いタワーマンションでもなんでも住めばいいのですが、そうではない一般人は背伸びをせずに、いかにここを圧縮するかが成功・失敗の分かれ目です。

ただ通勤に膨大な時間がかかる田舎のボロアパートに住んで、通勤時間が片道2時間以上かかるなどは、お金よりも貴重な時間の損失、機会損失になります。

理想は実家暮らし、実家に住むのが難しいなら、勤務地から極力近い、激安物件。

固定費を圧縮して余裕のある生活基盤を築くことに比べれば、人からいいとこに住んでるなぁと羨ましがられる事など、どうでもいい事です。
変なプライドは捨てましょう。

生命保険ほか各種保険

確率・費用対効果から考えて、自分だったら絶対入りません。

車(首都圏の人)

いらないです。

携帯電話

格安SIMにしましょう。

浪費に該当する趣味娯楽を徹底的に見直す

・ギャンブル ー 論外
・たばこ ー 論外
・キャバクラ、ガールズバー ー 論外
・スマホゲームへの課金 ー 論外。課金しなかったとしても時間がもったいないです。
・短期的投機 ー 仮想通貨、FX、デイトレード。これらは投資ではなく丁半バクチ、パチンコと同じです。
・洋服・時計・アクセサリー ー 時計いらない。アクセサリーいらない。服は自分は同じデザインの服を3着くらい買い、毎日それを着まわしています。
・食事 ー 食費が抑えられることはいい事ですが、適切な栄養を取ることの方が大事です。ジャンクフードやファストフードなどで済ますのはNGです。

・貯金 ー NGです。 えっ!?と思われるかもしれませんが、上記で固定費を圧縮した分は、貯金に回さず、投資(自己投資と金融資産への投資)に回しましょう。お金で持っていても何も生み出さないし価値が目減りしていくからです。

勝者総取りのインターネット社会では自分が一番にならないとダメ

この記事で一番大事な事をいいます。

勝者総取りのインターネット社会では一番にならないとダメ

だけど自分にそんな特殊能力・カードはない・・・

であれば、自分が一番になれるルールを自分がつくってしまうという事をやればいいわけです。

先行者優位という言葉があります。

先行者には優位性がありが競争をずっとリードし続けるバイアスがかかるという考えです。

世の中にはまだ存在していない趣味やビジネスを創造して、それをひたすら熱中したら、他の人が追随する事は難しいという事です。

誰もが考えていないことを新たに生み出すのは、難しいと思うかもしれませんが(特に日本人は苦手です。)

訓練で誰でも実施できることです。

工作が得意な人は、独自の楽器を作ってみるのもいいと思います。

田舎の古民家を安く買って、夜な夜な怪談を聞かせる怪談カフェなんてまだないと思いますし、

超激辛食材のみを扱う深夜限定の会員制居酒屋もないでしょうあい、

世界の無人島を回って自給自足を経験して、動画配信するなんてのもいいと思います。

自分がフリーランスとして10年以上、活動してきて思ったことは、今の時代、何が仕事に結びつくかわからないという事です。

好きな事、得意な事、本当にやりたい事、そして誰もやってない事、一見、仕事に結びつくわけないと思っても、やってみてください。

とことん。とことん。

そしてずっと続けてください。

5年間真剣に続けることができたとしたら、それが何であれ、マネタイズに結びつけることはできます。

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

ブログ運営を成功に導く為のポイントを名のあるプロブロガーのやり方から洗い出してみる フリーランスになりたい人へ、Web系フリーランスに必要なスキル・知識 Web系フリーランスでばりばり仕事をこなすならパソコンとモニタに金をケチらずハイスペックマシンを購入しよう 孤独が好きな人にとってフリーランスは最高の働き方・・それでも孤独は精神を病みます。フリーランスも仲間を作ろう、ネットワーク構築のススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です