フリーランスがアフターコロナ・ウィズコロナの時代を切り開く戦略を考える

どうも山崎レモンサワー@kanazawasodachi)です。

これを書いている2020年4月15日時点で、世界は新型コロナパンデミックの影響で大混乱が生じている最中にいます。

今回の大激震で、政府や自治体は外出自粛要請を行い、飲食店ほか生活必需品を売る小売店をのぞき店舗事業者に休業要請が発せられました。

保障制度もつぎつぎ打ち出されてはいるものの、まわりでは廃業する事業者がつぎつぎ出ていて、政策が追い付いていないというのが実情です。

とくに、ひときわ影響を受けているのは飲食業、宿泊業、旅行業、ライブハウスなど箱貸し業、アーティストなどです。

公務員や影響の無い業種の大企業サラリーマン、生活必需品を売る小売りスーパーやドラッグストア、巣ごもり関連グッズ・サービスを売る気御などは逆に特需となっています。

大企業や国家レベルでも、危機的状況に見舞われる中で、中小企業やましてや個人レベルでやれることは限られています。

ただ、手をこまねいて状況を嘆いているだけでは、事態は何も改善しないし、人任せな人生ほどつまらないものはありません。

この新型コロナの災害が一過性ものなのか、それともリスクは残り続け、リモートワークは当たり前となり、人と人が面と向かって活動するシーンは減り、店舗型の飲食店は大幅に減少した世の中に完全に移行している可能性もあります。

自分はWeb制作をメインの生業にしているので、たまたま影響は少なかったですが、それはたまたまです。

例えば、いつAIの台頭でWebのデザイナーなどWeb制作者の需要が無くなる可能性もあります。

そこで、これを契機に今自分ができるリスクヘッジとこの危機的状況をむしろチャンスに変えるには何をすべきかというのを真剣に考えてみました。

世の中は不条理だと受け入れ、国の支援はあてにしない

これは適用対象の支援策を利用しないということではなく、支援をあてにして国の政策に不満をこぼすのをやめて、自分の頭で考え自分の努力・アイディアで活路を開こうということです。

自分の周りでも廃業を余儀なくされた飲食店・旅館やライブハウス・アーティストなどたくさん見かけます。

この人たちは悪いことをしたわけではなく、怠慢してたわけでもなく、ある日、唐突に不条理に見舞われて、自分が心血を注いだビジネスをたたまなければいけなくなったのです。

そして全てが国や自治体による支援・救済で保護される事を切に願いますが、現実はそんな甘くはないようです。支援は隅々までいきわたっていましせん。

まず世の中は不条理であることを知り、それを受け入れた上で、対策を練ってこれからの人生を歩んでいくという決意を胸に刻みましょう。

リモートが当たり前の世界を受け入れる

飲食店は自粛休業に追い込まれ、外で食事をすることがなくなりました。

会社ではテレワーク・リモートワークが採用され、街からはひと気がなくなりました。

これはコロナ禍に苛まれている今だけと信じたいですが、新型コロナにも別の感染症のリスクはこれからもつきまとうことを考えると、この契機に境に、飲食店の多くは廃業となり、食事はテイクアウトが当たり前になっている可能性があります。

テレワークやリモートワークも今が感染拡大を防ぐためになくなく採用しているのではなく、コロナが終息した後も当たり前の働き方として定着する可能性も高いと思っています。

テレワーク・リモートワークに対応できない個人や会社は淘汰されていくと思います。

もはや飲み会や恋愛すらリモートでやろうという世の中です。自分もリモート飲み会にすでに当たり前のように参加しています。

好む好まないにかかわらず、時代と世相は流れ、移ろっていきます。

移ろっていくなら、自分が変わるしかないようです。

徹底的に固定費を減らす

ぶっちゃけ、最強のリスクヘッジ方法です。

これが出来ていない人があまりに多いです。

これは、特に経営者・フリーランス・会社員とわず、あらゆる人におススメです。

自分がこのコロナショックでも、平常心を失わずに済ませたのは、仕事への影響が多少ありながらも、日々固定費の削減に留意し、月10万円以上の固定費削減を達成したからです。

何回も言いますが、固定費削減・固定費圧縮は、これからの変化の激しい時代にとって、最強のリスクヘッジです。

特に有効なリスクヘッジを簡単に挙げておきます。

1.スマホの通信量削減、もしくは格安SIMスマホへの切り替え、不要オプションの解約
2.家賃の少ない住居へ引っ越し(住居兼職場を実現する)
3.入る必要のない保険を全て解約
4.スーパーのタイムセールを活用
5.使用していないサブスクを解約
6.お金をかけずに代用できないかを常に考える(例えばフィットネスジムを解約して自宅でトレーニングするなど)
7.家の不用品をメリカリで売る
8.都会であれば車は持たない
9.不要な人間関係を整理して不要な飲み会、結婚式などに出ない

などなど、他にも自分が実践している節約方法はたくさんあります。

収益源・セイフティーネットを複数確保する

これも大事な考え方です。

ひとつの事業、ひとつのサービス、ひとつの得意先だけで収益を得ている場合、今回のような急激な外部環境の変化で大打撃を受けてしまいます。

確かに一つの得意な事にフルコミットすることは、大きな成功を納めるうえで、必要な考え方になります。

投資で話をするなら、大儲けしたいなら、レバレッジを利かせるなど、ある程度のリスクをとって集中投資しないと、短期間で多くのリターンを得ることはできません。

ただ、この投資法は当たれば大儲けできる反面、投資先が倒産などに追い込まれた場合、大損害となり、一気に破産・借金に追い込まれる事にもなりかねません。

その点、様々の国や様々な業種の企業に広く分散投資すれば、短期的に大儲けする事は出来なくなりますが、このような外部環境の激変に見舞われても、資産がゼロになるようなことはなく、損失を確定せずに堪え、市場が安定を取り戻すまで待つことができれば、損失を回避することができます。

仕事も同じことです。

今回は他の働き方・収益源の確保が出来ていなかったお店・個人がビジネスの廃業に見舞われてしまいました。

ひとつの事にフルコミットすること自体は戦略としては間違いとは言えませんが、外部環境の変化で常に自分の今の生業がたちゆかなくなるというのを念頭に、収益源を増やす戦略を練るのが良さそうです。

変化をなげくのではなく、すぐに対応できるようにする

今回のような感染症の流行であれば、いち早く手作りマスクを作って売ったり(転売は倫理上よくないので控えましょう)、テイクアウトサービスや、出前サービスを展開して店舗での売り上げ激減を回避したお店は生き残ることができでしょう。

ただ恐怖に駆られて不安を嘆いたり行政への不満を募らせたり、国の支援をただ待ったりするのは、第三者に自分の命を依存しているので非常にもろく危うい状態です。

何かしなくてはならないのはわかるけど、何をしたら良いかわからない人もいると思います。

そんなときは、まずはニュースやネットから流れるネガティブな情報を遮断し、自己投資と固定費削減に取り組んでみてください。

ビジネスチャンスに結び付けられるようなスキルや得意な事がないと嘆く人がいますが、それだったら今から身につければいいのになぜやらないのでしょうか。

大丈夫。みんなそれぞれ自分の適性があり、活路を見出せます。
やらないのはやらなくていい理由を見つけてサボって快楽に身を任せたいだけの人です。

みんな頑張りましょう!!

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

【保存版】フリーランスはどうやって仕事を獲得するか、フリーランス歴10年のベテランがお答えします フリーランスが10年生き残れる確率は10%・・・祝!フリーランスとして独立して10年、今後も生き残っていくためのフリーランス生存戦略 フリーランスとして独立したい人に向けた、あなたはフリーランスになれる?なれない?最低限必要な条件7選 フリーランスがとことん節約・倹約にこだわったことで生活・事業が劇的にイージーモードになった話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です