フリーランスになりたいけど、何をしていいかわからない人へ!ブラック企業におさらばしてフリーランスになるための3つのステップ

今日は今自分がつとめている会社を見限っている人、フリーランスになりたいけどどうやってなるのかすら見いだせない人に向けて、フリーランスになるためのステップをご紹介したいと思います。

今回、紹介するステップは誰にも適用できる骨太の大原則とよばれるものです。

ちなみに人は、今いる状況を劇的に簡単に変えようとして、楽して儲けられる系のうさんくさい儲け話に手を出して大打撃を受けます。

信用取引、仮想通貨に手を出したり、FXに手を出したりして、大やけどをする人が後を絶ちません。なぜならこれらはギャンブルで長期的に安定して稼ぎ続ける事は、「絶対」に不可能です。

金融投資が全て悪というよりは、上記のようなあきらかな投機ではなくて、優良企業への現物投資をするとしても、アクティブ運用で長期的に市場平均を出し抜くのは、無理だと証明されてるので、やるなら世界インデックス連動ETFを買って持ち続けましょうという話です。
ただ、この場合は時間もかかるし、はじめにある程度の資本がないとお話になりません。

あまり貯金のない一般庶民が、これから金融投資だけで一攫千金のような夢物語を描くのは、勝手ですが、ムリゲーなのでやめましょう。

では、今いるブラック企業をやめてフリーランスになるには、なにをすればいいか?

結論から言うと、下記のステップを実行していく事で脱ブラック企業・フリーランスへの道が見えてきます

1.自分の生活習慣、無駄な時間を見極め時間を捻出する
2.節約して固定費圧縮の練習をしつつ事業の種を用意する
3.空いた時間と浮いたお金を使い「自己投資」につぎこむ

1.自分の生活習慣、無駄な時間を見極め時間を捻出する

まず一つ目のステップとして、準備のための時間を確保しないと何も始まりません。

フリーランスになるの為の準備に使う時間を1日2時間確保しましょう。

最近でこそ働き方に関する問題が指摘され、長時間労働や長時間残業、休日出勤が問題視され、労働時間は減っていく傾向にあります。

とはいえ、それでも理不尽な働き方を強制するブラック企業はまだまだ存在します。
本業の仕事で疲弊した上で、フリーランスになるための準備に時間と労力を捻出するのは大抵のことではありません。

しかし、知恵と工夫、意識改革で、一日2時間くらいは意外と捻出できるものです。

趣味や寝る時間を削らなくても、有意義ではない、無駄な時間というのは、意外と多くあるものです。

たとえばSNSを意味なく眺めてしまったり、スマホゲームで時間をつぶしてしまったり、ワイドショーや野球中継、バラエディ番組など特に興味のないテレビをぼうっと見てしまったり、お酒もストレスゆえ、長時間飲みふけり、次の日、二日酔いで翌日の活動に支障が出たりと。

まず以下の事だけでも2時間は捻出できると思います。

・睡眠時間は6時間、早起きして活動する
・家事は思い切って家事代行サービスを利用する
・会社に近いところに引っ越し通勤時間を節約する
・そもそも残業や休日出勤がない、ホワイト企業に転職する
・テレビは見ない
・会社の飲み会には参加しない
・SNS見ない
・スマホゲームやらない

2.節約して固定費圧縮の練習をしつつ事業の種を用意する

時間を確保出来たら、その時間は全てフリーランスになるための「自己投資」と「サービス(商品)開発」のための準備にあてます。

時間以外にもある程度のお金も必要になってきます。

すでに貯蓄がある程度ある人は、その費用を惜しみなく「自己投資」に使いましょう。

自己投資に使用するお金はは貯蓄しておくよりリターン期待値ははるかに大きいです。(時間はかかりますが)

ここでは現時点、お金が無いという人は、生活を徹底的に見直すことにチャレンジしましょう。

自己投資に使うお金を捻出するだけでなく、固定費圧縮する術を身につけることは、もしかしたら稼ぐことよりも大事なことだからです。

決して切り詰められないわけはないです。
その気になれば、今より月5万円は、結構サクッと捻出できるものです。

まず、見直すべき最優先事項は家賃です。

もし、見栄をはって収入に見合わない家賃の物件に住んでいる人は、固定費削減のために、会社の近くの家賃の安いアパートなどに引っ越しましょう。
可能であれば、実家暮らしに戻ることをおススメいたします。

次に車です。

都内や大都市にお住いの人は、もう売ってしまいましょう。

田舎でも極力持たない事をおススメしますが、田舎は交通網が貧弱なのと住居費用が抑えられている分、車は仕方ない面もあります。

食費も、毎食、節約の意識を持つだけで100円、200円は削れるはずです。
タイムセールの活用などもお勧めです。

つきあいでいく不要な飲み会や、大して仲の良くない友人の冠婚葬祭なども断りましょう。

その他、スマホは格安SIMを利用したり、不必要なサブスクの契約を見直したりしてみてください。

ここまでで5万円くらい節約できるはずです。

3.空いた時間と浮いたお金を使い「自己投資」につぎこむ

ここまでのことを実践できれば、みなさんは今より、1日2時間(月60時間)、月5万円を確保する事ができます。

投資の神様ウォーレン・バフェットがもっともリターンの期待が高い「投資」といっている「投資」、それが「自己投資」です。

プログラミングスクールやデザイン学校に通ったり、実際にWebサイトを作ったりポートフォリオをひたすら作るのでも良いと思います。

これを本業に従事しながらも、1年間、必死に耐えて、真剣に続けることで、あなたにはフリーランスとして独立するための下地ができていると思います。

プログラミングやデザイン、不動産賃貸、など仕事に直結することのみ学ぶ人がいますが、それ以上にもっと骨太の、マネーリテラシーや人生教訓、歴史の素養などを身につけることもおススメです。

ロバートキヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」
アドラー心理学の「嫌われる有機」
マルクスの「資本論」
ユヴァル・ノア・ハラリ「サピエンス全史」

これら仕事に直結しないけど、名著中の名著などは読んでおいて損はないです。

もしハードルが高ければYoutubeでこれら著書の要約動画もたくさんアップされているので超おススメです。

それ以外にも、確定申告するための経理の知識をつけたり、仕事先を確保するためにエージェント会社を調べまくったり、人脈を作るために、商工会議所に登録してみたり、交流会に参加してみたり(うさんくさいやつもあるのでお気をつけて)、筋トレして自分の身なりを整えたり、できることは無限にあります。

しんどい本業をこなしながら、独立の為努力したあなたは確実に成長しているはず

不必要な支出を減らし、無駄な時間を徹底的に見直し、お金と時間を捻出し、それを自己投資という再投資に回す、これはいわゆる「経営」と同じです。
サラリーマンをしながら「経営」の練習もしているわけです。

株式会社「自分」が売り上げ、利益を伸ばしていくためには、どうした経営方針で活動していくのがいいのか、自己投資で骨太の知識を吸収していくと、おのずと感が磨かれていきます。

しんどい本業をこなしながら、1年間自己投資を続けることが出来れば、フリーランスとして独立するための下地はできています。

あとは、フリーランスとして独立するだけです。

とはいえ、手がけるビジネスが全てうまくいくほどあまくはありません。

このあとは失敗してもいかに致命傷を負わず、トライアンドエラーを続けられるかです。

自分の時間の切り売りではなく、ノウハウや経営資産がストックできるビジネスであれば、このトライアンドエラーを繰り返せば繰り返すほど、時間の経過とともに成果が表れてくるはずです。

さて、ここまで書いてきたことを実施するのは容易な事ではありません。

多くの労力と時間を要します。

それでも、、それでも、、それでも、、不条理なことに翻弄されず、自由で幸福度の高い、働き方を確立し、人生を謳歌するには、時間も労力も全然惜しくはないはずです。

ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

フリーランスになりたい人へ、Web系フリーランスに必要なスキル・知識 【保存版】フリーランスはどうやって仕事を獲得するか、フリーランス歴10年のベテランがお答えします フリーランスが10年生き残れる確率は10%・・・祝!フリーランスとして独立して10年、今後も生き残っていくためのフリーランス生存戦略 独立して10年のベテランフリーランスがアドバイスするフリーランス廃業に追い込まれないための5つの秘訣 フリーランスになっただけでは幸せは手に入らない・・・幸福度高く仕事するための方策・指針 フリーランスが安定して長く続けるために必要不可欠な「不労所得」の築き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です